西宮市・尼崎市・伊丹市で不動産(売買・賃貸)をお探しの方は、センチュリー21アクロスまでお任せ下さい。
 
賃貸物件を沿線から探す
賃貸物件を住所から探す
賃貸物件を地図から探す
賃貸物件を学校区から探す
売買物件を沿線から探す
売買物件を住所から探す
売買物件を地図から探す
売買物件を学校区から探す
阪神間の不動産サイト
トップ ≫ 不動産の売却 ≫ 不動産売却のQ&A 

不動産売却のQ&A
question and answer about selling

不動産のご売却についてのよくある質問に
アクロスコーポレイションのスタッフがお答えします。

  1. Q1.今持っている家を売却したいのですが、いくらぐらいで売れるのでしょうか?

    当社の豊富な過去の売却実績と現在の流通価格から適正な相場価格をご提案致します。そして、お客様のお一人お一人のご事情をお聞きした上で販売価格を決定していきます。
  2. Q2.今住んでいる家を賃貸に出すのか、売ってしまうのか、どちらが得ですか?

    お客様によってどちらがいいのか違います。まずはご相談下さい。賃貸にした場合、現在のローン支払い額と予想賃料が同等もしくは上回る事が前提となります。又、賃貸物件として人気のある地域かどうか、将来にわたって安定した借主を確保できるかがポイントになります。募集をかけてもなかなか借主が見つからなかったらその間のローン支払い額は当然持ち出しになります。又、住宅ローンを組んだままですと、新たに購入する物件の住宅ローンを組むのは困難だと考えられます。但し、将来的にまた住みたいという事情がおありだとか、住宅ローン残高が残っていないとか、お客様の事情によっても変わってきます。賃貸・売買どちらも扱っています弊社ならではのご提案をさせて頂く事もできますのでお気軽にご相談下さい。
  3. Q3.家を売るのにかかる費用とは?またどれくらいかかりますか?

    買換え先の確保の時期が決まっていれば引き渡し時期を契約の際に決めれば問題ありません。仮に2000万円でお家が売却できた場合は仲介手数料は「物件価格の3%+6万円+消費税」ですので、693,000万円になります。登記費用は抵当権の抹消登記費用並びに売渡費用が掛かってきます。その他にもご購入時よりも高く売却できて譲渡益が発生した場合税金がかかる場合もあります。詳しくはご相談下さい。※(仲介手数料は成功報酬ですので、売却できなければ費用は発生しません。)
  4. Q4.家の買替えをするのに、買うのと売るのとどちらが先の方が得ですか?

    お客様によってどちらがいいのか違います。まずはご相談下さい。賃貸にした場合、現在のローン支払い額と予想賃料が同等もしくは上回る事が前提となります。又、賃貸物件として人気のある地域かどうか、将来にわたって安定した借主を確保できるかがポイントになります。募集をかけてもなかなか借主が見つからなかったらその間のローン支払い額は当然持ち出しになります。又、住宅ローンを組んだままですと、新たに購入する物件の住宅ローンを組むのは困難だと考えられます。但し、将来的にまた住みたいという事情がおありだとか、住宅ローン残高が残っていないとか、お客様の事情によっても変わってきます。賃貸・売買どちらも扱っています弊社ならではのご提案をさせて頂く事もできますのでお気軽にご相談下さい。
  5. Q5.売却を依頼する会社によって査定の結果や売却額は変わってきますか?

    通常は大きく査定価格が変わる事はありません。但し、地域によって販売力に差が出る場合があります。査定価格は通常、取引事例や周辺の相場によって決まります。従って会社によって査定価格が大きく異なる事は考えにくいです。査定価格よりもその地域における販売力の差の方が問題になります。当然の事ながら、集客力や販売力の強い会社の方が早期売却の可能性が高いと言えます。いずれにしましても複数の業者に査定を依頼してより信頼できる会社に任せるべきでしょう。
  6. Q6.不動産がよく売れるのはいつ頃でしょうか?

    一般的には1月~3月が最も動くと言われています。4月の年度替わりに向けて年初から3月末までに、不動産が最も動くと一般的には言われています。又、新年を新居で迎えられたい方や、お子様の関係で春休み中に引っ越しを終えなければならない方は前年の10月から11月頃に探され始めるので、この時期も不動産は動くと言えます。ただ、これはあくまでも目安であって、売る方、買う方の個別事情によって時期も大きく変わってきます。特に、不動産が動く時期には買いたい方と同じ様に売りたい方が多くなるので、売れやすくなるとは言い難いです。お客様のご事情に合わせた適切なアドバイスを差し上げますのでご相談下さい。
  7. Q7.家の売却で利益が出たら税金はかかりますか?

    売却価格がご購入価格より高ければ基本的に税金はかかります。ご購入時よりも高くで売れて、譲渡益が発生すれば税金がかかります。但し、居住用財産(マイホーム)を売却される場合はご自宅の所有期間に関わらず、譲渡益から3000万円の特別控除を使える特例があります。いずれにしましてもお客様によってケースバーケースになりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
  8. Q8.売却を依頼したら具体的にどんな活動してくれますか?

    インターネットを中心とした広告活動が主になります。近年はインターネットによる広告での売却活動が主流となります。まずは自社ホームページへの掲載、各不動産ポータルサイト(SUUMO、HOME'S等)への掲載、レインズ(業者専用の不動産流通サイト)への登録、チラシ配布(新聞折込・ポスティング)、オープンハウスイベントの開催、自社の顧客への紹介、等が挙げられます。ただ、あくまでも売主様のご希望を重視しますので、売却希望額や売却希望時期等に合わせて適切な広告活動を行います。まずはご相談下さい。
  9. Q9.例えばリフォーム等、手を加えた方が売れやすくなりますか?

    ケースバイケースですが、まずはリフォームをせずに売り出しましょう。リフォームした物件は確かに印象が良くなりますが、ご購入者様の好みも多種多様です。ケースもあります。物件の立地や土地・建物の広さ、類似物件がなかなか市場に出回らない等、一般的に「人気がある」と考えられる物件であればリフォームは不要です。リフォームをしてみるというのも一つの方法だと思います。いずれにしてもまずは査定とご相談から始めましょう。
  10. Q10.持っているマンションは賃貸に出していますが売却できるのでしょうか?

    もちろん可能ですが、現在の賃貸借契約の内容によって売却方法が変わります。現在の賃貸借契約が終了するのであれば、そのまま実需(普通に居住用として使用すること)物件として売却できます。但し、賃貸借契約が継続し賃借人に退去の意思が無い場合は収益物件(賃借人付き)として売却することになります。収益物件の売却の場合は一般の買主様と異なり、投資目的の買主様に限定されるため、売却物件の利回り等により早期売却が難しくなるケースもあります。いずれにしましても売主様のご希望をお聞きした上で適切なアドバイスを致します。まずはご相談下さい。
  11. Q11.売却は1社だけ?いくつかの業者に?どちらが得ですか?

    まずは複数の不動産会社に相談を。その上で信頼できて販売力がある1社に任せましょう。よほど、担当者との相性が良くて信頼もできる1社がすぐに見つかればその1社に全て任せる方がいいかと思いますが、最初のご相談は複数の不動産会社にされた方が安全です。不動産会社によっても集客方法や販売方法、販売活動に対する考え方が異なります。大手不動産会社から地域密着の会社まで様々な会社があります。色々と話を聞いた上で一番販売力がある会社へ任されてはいかがでしょうか。
  12. Q12.家を売る事をできるだけ周りの人に知られたくないのですが?

    もちろん周りの人に知られない様に売却はできます!物件の近隣へのチラシ配布(新聞折込・ポスティング)やインターネットへの掲載等を禁止する等の方法をとります。集客力のある不動産会社は新規のお客様と成約に至っていない既存のお客様がいるので、こういったお客様へのご紹介だけで売却が決まる事も多々あります。過去何度も成功しておりますので、売却に関するノウハウはあります。安心してご相談頂ければと思います。
  13. Q13.今すぐではなく将来的な話ですが、売却の相談に乗ってもらえますか?

    もちろんです。地域密着で阪神間に6店舗あります弊社にお任せ下さい。地域密着で培ってきた弊社にはたくさんの顧客がいらっしゃいます。今すぐでなくも将来的に売りたい・買いたいというお客様はたくさんいらっしゃいます。まずはお客様お一人お一人の事情を考えた上で適切なご提案をさせて頂きます。売却に伴うご購入や賃貸物件を探される場合でも賃貸・売買どちらも扱っております、弊社にご相談下さい。
  14. Q14.今住んでいる家が先に売れてしまって、買替え先が確保できていません!どうすればいいでしょうか?

    買換え先の確保の時期が決まっていれば引き渡し時期を契約の際に決めれば問題ありません。例えば、3ヶ月後とか4ヶ月後後とか買換え先への入居が決まっていれば売買契約を締結する際に、引渡し猶予の条件を付けておけばスムーズにいきます。但し、問題は買換え先への入居がまったく未定の場合です。この場合でも引渡し時期をあらかじめ設定しておき、その時期までに買換え先を確保するか、確保できなければ一時的に賃貸に移るか、お客様によってもご提案が変わってきます。ご相談頂ければご納得頂けるご提案をさせて頂きます。
  15. Q15.使わなくなった家具等を処分しないで、残したまま家を売る事はできますか?

    可能ですが、あくまでも売主様、買主様の合意が必要です。引渡し時に撤去するのが基本ですので、買主様から撤去するように希望があれば撤去するべきでしょう。合意を元に売買契約を取り交わせば問題はありません。その場合、残してきたものは残置物として扱われて、瑕疵担保責任の対象からはずされます。
  16. Q16.アクロスグループならではの売却力とは?

    センチュリー21のブランドと兵庫・大阪地区16年連続No1(センチュリー21加盟店内、企業グループとして)の仲介実績があります。幅広い(インターネットやチラシ等の)広告活動並びに駅前6店舗による集客力も弊社の強みの一つです。又、売買のみならず賃貸も取り扱っていますので、賃貸希望のお客様が売買希望へ変わるケースも当然ございます。確かな仲介実績は売却実績の証でもあります。まずはお気軽にご相談下さい。
 
株式会社アクロス  
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。 当ホームページの文字、画像等について、他のホームページや印刷物等への無断転載は禁止します。
Copyright(c) Century21アクロスグループ All right Reserved